今後家電はなぜ通販で買うしかないのか?

今後家電はなぜ通販で買うしかないのか?

今後家電はなぜ通販で買うしかないのか?

 

 

近年、家電量販店での不況が叫ばれています。

 

 

原因は消費者の購入先がどんどんネットショップなどの

 

オンラインへと流れているからだそうです。

 

 

今年の4月に消費税が増税されて、国民の生活はますます逼迫しています。

 

 

少ない給料で少しでも安く、お得に購入しようという消費者の考えは仕方ないことです。

 

 

では、なぜ実店舗である家電量販店よりもネット通販の方が激安なのか?

 

 

それはもうビジネスとしての仕組みそのものがネットショップの方が安い価格で

 

 

提供できるようになっているのでこれもまたしょうがないことなのかもしれません。

 

 

ショッピングの形態は時代と共に変化していく

 

昔、私たちは家電製品を購入する時、どこで買っていたでしょうか。

 

 

おそらくほとんどの人は街の電気屋さんで買っていたと思います。

 

 

商店街などにあった小じんまりとした昔ながらの電気屋さん。

 

 

しかし、数年前からそういうお店って目にしなくなりました。

 

 

郊外や駅前に大型家電量販店が大量に全国的にチェーン展開して出店され始めて

 

巨大な資本と人員を武器に大きな会社がたちまち街の電気屋から

 

お客を一気に奪っていきました。

 

 

そんな相手に小さな一般のお店が敵うはずもなく

 

街の電気屋はあっという間に潰れていってしまいました。

 

 

 

 

それから数年、今度は家電量販店が窮地に立たされています。

 

 

相手はインターネットを駆使した個人ショップや大手ショッピングサイト

 

 

数年前は大きな数の勝負で小さな個人店を潰してきた量販店が

 

 

今度たくさんの店舗や人員が仇となって軽快な個人ショップに価格競争で負けています。

 

 

ネットショップならば、人件費も最小限に抑えられるし、店舗を運営する費用もかからない

 

 

その分、価格を抑えて消費者に提供できるので

 

お客はネットショップへと流れてしまうという仕組みなのです。

 

 

最近では家電量販店もウェブサイトを開設して

 

ネット通販にも参入しているようですが

 

人件費や在庫、店舗維持費がかさむ分、どうしても太刀打ちはでそうにありません。

 

ポイントで抵抗するしか現状策はないようです。

 

 

今後、ますます業界は変化していくでしょう!

 

家電量販店も昔の電気屋のようになってしまうとしたら
私たちはもう、ネット通販で購入するしかないのです。

 

トップページ

ホーム RSS購読 サイトマップ